マインド

仕事が遅い人がすべきたった1つのことを紹介!

投稿日:2019年2月23日 更新日:

  • 仕事が遅い人の特徴は何なんだろう?
  • 仕事が遅い人がすべきことは何だろう?

このような悩みを解決するための記事を用意しました。

この記事では、「仕事が遅い人の特徴」、「仕事が遅い人がするべきたった1つのこと」を解説していきます。

記事を読み終えると、仕事が早くこなせるヒントを得ることができます。

 

【この記事の参考図書】

  • 結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる
  • 著者:藤由 達藏 
  • 出版社:青春
  • 定価:1,404円

 

仕事が遅い人の特徴

仕事が遅い人の特徴

仕事が遅い人は、以下2つの特徴があると思います。

仕事が遅い人の特徴

  1. 初動が遅い
  2. 失敗を考えすぎる

 

1.初動が遅い

一つ目は、「初動が遅い」ことが挙げられます。

あなたの職場の仕事ができる人は、初動が早いのではないでしょうか。

「何か壁にぶち当たったら、上の人に相談をしている」、「大きなプロジェクトが始まったら、すぐに関係者を集めて今後の進め方を検討する」、「クライアントからメールで仕事の依頼がきたら、すぐに電話をして要件を聞き出す」等・・・。どうしよっかな~と悩んでいる姿を見ることも少なく、人と会話をしたり、ホワイトボードに話をまとめたりと、とにかく動いているのです。

おそらく行動してしまえばあとは楽になるという経験をこれまで積み重ねているからでしょう。

「行動すればあとはなんとかなる」というのは、行動することで自分と自分を取り囲む環境がそれだけで変化し、成長するからです。行動しなければ、自分は変化せず、環境だけが変化して困難度合いが高まってしまうかもしれません。

引用元:結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる(藤由 達藏)

では、行動してしまえばあとは楽になる理由は何でしょうか。

初動が早い人から聞いた共通の理由は以下の2つがありました。

 

人の力を借りれる

仕事ができる人は、自分の力は微力だと認識しているのです。

自分の知っている領域からはみ出しているものに関しては、上手に他人の力を借りています。だから少し考えて分からないことがあれば、ネット検索をする、知っている人に聞くという行動をすぐに起こしているのです。

壁にぶち当たったとき、自分で調べたり考えたりしてみて、全く前に進まなそうであれば人に相談してみましょう。

ただ、最初から自分で何もせずにいきなり人に相談するのはやめましょう。

ネットに書いてある、会社のマニュアルに載っているレベルのことを相談して、人の時間は奪いたくありませんよね。

 

失敗から学べる

仕事ができる人は、失敗から多くのことを学べることを知っています。

人は誰でも失敗の経験から学びに気づいて、次の行動に活かしているのではないでしょうか。若手の頃は、人前でのプレゼンテーション、商談等、全て最初は上手くいかなかったはずです。でも今はどうでしょうか。自信も芽生え上手くこなしているのではないでしょうか。

失敗は、次に成功するための踏み台として捉えれば良いのです。

初動を早くしてたくさん経験をして成長していきましょう。

人生には成功と失敗があるのではなく、成功と成長があるだけだ。

引用元:結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる(藤由 達藏)

 

2.失敗を考えすぎる

行動に移す前から失敗したらどうしようと悩んでしまう場合はどうしたらいいのでしょうか。

こう考えるのも仕事が遅い人の特徴だと思います。

前述のように「失敗は、次に成功するための踏み台」として捉えることも重要なのですが、失敗を考えすぎないというのも一つです。

失敗しそうだなと思ったら、それなりの行動しかしないのではないですが、絶対成功してやると思ったら、本気で成功するための行動をするでしょう。

この案件絶対受注してやると思えば、いろんな人に知恵を借りて提案書に落とし込むということをするでしょうし、この案件競合も多いし、少し自分には難しそうだなと思ったら、提案書もそれなりのものしかできないでしょう。

このような場面は仕事だけではなく、ダイエット、筋トレ、早起き、英語の勉強等、日常生活の場面で経験しているのではないでしょうか。

失敗について考え続ければ失敗に近づき、成功について考え続ければ成功に近づいていくのです。

人は意識を向けた方向に進む、という性質があります。

引用元:結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる(藤由 達藏)

 

仕事が遅い人がするべきたった1つのこと

仕事が遅い人がするべきたった1つのこと

仕事が遅い人がするべきたった1つのことは、モチベーションを上手くコントロールすることです。

ではモチベーションを上げるにはどうしたらよいのでしょうか。まずはモチベーションについて知りましょう。

2種類のモチベーション

  1. 外発的モチベーション:報酬、休日、地位等が要因となって動機付けられること
  2. 内発的モチベーション:人の内面的な要因によって動機付けられること

 

1.外発的モチベーション

仕事ができない人は、この外発的モチベーションが大事だと考えます。

外発的モチベーションが重要だと考えてしまうとどうなのでしょう。

報酬が下がる、休日出勤しなくてはいけない、部長から課長に降格する等、このような環境変化があった場合、一気にやる気がなくなってしまいます。

このように考えている人は、報酬、休日、地位等のために仕事をしており、周りの環境によってやる気がコントロールされてしまいます。

 

2.内発的モチベーション

仕事のできる人は、この内発的モチベーションを大事に考えます。

あなたもなんの報酬もなかったり、人に褒められることもない状況でもあるにも関わらず、没頭した経験があるのではないでしょうか。

特に趣味を持っている人に多いかもしれませんが、気づいたら一日が終わっていたというあの感覚です。

それを仕事にも当てはめることが大事なのですが、仕事と趣味では話が違うという人もいるかもしれませんが、考え方次第で仕事にも適用することができます。

例えば、雑務とも思える仕事を以下のように考えてみるのです。

  • 1時間以内で終わらせてやる
  • 今日中に100枚の請求書を処理してやる
  • 昨日より少し早く仕事を終わらせてやる
  • あいつより早く仕事を終わらせてやる

本人が「これは大事」「これは好き」「こうしていると楽しい」と感じるのは、そのことに価値を認めているからにほかなりません。その中にある、これだけは譲れないと思えるほど強く価値を認める気持ちを「譲れない価値観」と呼びます。そして、「本当はこうありたい」「こんな暮らしをしたい」「こんなことをしたい」という、考えただけでワクワクする未来の姿もあります。それを「心躍る未来像」と呼んでいます。この「譲れない価値観」と「心躍る未来像」が内発的モチベーションの正体です。

引用元:結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる(藤由 達藏)

「外発的モチベーション」よりも「内発的モチベーション」に従って自律的に行動することが大事なのです。

 

まとめ

  • 仕事が遅い人の特徴は何なんだろう?
    ⇒初動が遅い、失敗を考えすぎる
  • 仕事が遅い人がすべきことは何だろう?
    ⇒内発的モチベーションを上手くコントロールする

内発的モチベーションを上手くコントロールして、仕事を早くこなせるようになりましょう。

Copyright© Job College , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.